女性の仕事市場

どんな労働状況の中に、女性はいるのでしょう?
最新の人口データを元にして、厚生省が労働環境について試算したものが出ています。今後の労働者人口は、2030年では5,587万人。2006年時点での人数は6,657万人なので、実に1,070万人の落ち込みです。今後、日本の労働総数は減っていくわけですが、そんな中で脚光を浴びているのが女性のマンパワーです。

働く人の人数は、2006年では女性が2,700万人、男性が3,800万人です。数自体は男性の方が多いですが。前年と比べると男性は3万人減、女性は9万人増なのです。結婚後も仕事を辞めずに働き続ける女性が増えており、共働きを続ける人が増えたことから、ここ3年は連続して女性の働き手は増え続けています。

婚姻や子育てのために退職するという女性は少なくありませんが、しかし、一度仕事を辞めてしまうと、再び時間ができた時に再度働くことは意外と難しいようです。家事と仕事を同時並行することが困難だったという人は、その理由として自分自身の体力不足を上げる人が多いようです。より働きやすいよう、再就職が容易になるようにすれば、女性の働き手が今以上に増加して景気もよくなるのではないでしょうか。

仕事市場では、女性で企業をするという人は年をとるごとに減っていき、ピークは30代半ば~40代です。しかし、男性は55歳が最も企業が多い年代なのだそうです。新たな事業を興す女性は、育児に正面から取り組んでいるという人が多いようです。

子どもは育てたい、仕事は続けたい、という悩みを抱えている人が多いことが特長です。労働環境を改善し仕事市場を整えるためには、ワークシェアリングを上手に活用することで働き過ぎている人と失業している人とで作業を分け合うというシステムを実現できればいいのではないでしょうか。

女性の再就職について

女性の再就職について

女性の再就職についてです。一般的に、結婚から出産、子育てを一段落させて、一度は縁が切れた社会との交わりを再就職・・・

コメントなし
女性の仕事と家事の両立について

女性の仕事と家事の両立について

結婚をしたら共働きをして家事と育児は完全に分担と考えている女性は少なくないかもしれません。親子揃って海外旅行に・・・

コメントなし
女性の仕事と男性の仕事

女性の仕事と男性の仕事

仕事に対する考え方や、人間関係に対する考え方は、性別によって特有の考え方があることをご存じでしょうか。 男性の・・・

コメントなし
女性が働きやすい求人企業

女性が働きやすい求人企業

今の世の中は、高齢化により労働力が減っている傾向にあり、どんどん女性の求人を募集する企業の割合は増加しています・・・

コメントなし